Home

About sfz

Products

Download

デモキット

お取り扱い店

お問い合わせ

使いこなし

FAQ (1)
USB DACについて
   
  USB DACの使いこなしについて、弊社のおすすめです。
 
オプションの追加によりDSP-Vela, DSP-DoradoはUSB DACとしてもお使いいただけます。USB DACとして使う場合の使いこなしについておすすめをお伝えいたします。

ネットワークプレーヤーと比べUSB DACとして使った場合の違いですが、例えばflac圧縮された音源を再生する場合、flacの解凍はネットワークプレーヤーとして使った場合ネットワークプレーヤーが行います。それに対してUSB DACとして使った場合はflac解凍はPCやNASなどUSBデータの送り出し側が行います。音質決めの少なくない部分を送り出し側が担当します。そのため、何と組み合わせて再生するかはネットワークプレーヤのNAS選びよりも音質に影響します。


 DELA fidata Soundgenic等のオーディオサーバーと組み合わせて使う場合:

■ ネットワークの対策
 使いこなしのネットワーク編に書いた通り、ハブの追加、LAN空き端子、USBポートの空き端子対策は確実な効果があります。ただ、ネットワークプレーヤを使うときに比べると改善効果が小さいかもしれません。音楽データの通り道がネットワークでないからと思われます。

■ USBケーブル
 オーディオグレードのケーブルを使う効果があることはもちろんですが、USBがそもそも長い距離を伝送するための規格ではないことから極力短いケーブルを選ぶことをお勧めします。雑誌取材のときに評論家先生から教えていただきましたが、高価な長いケーブルより、短い普通のケーブルのほうが良い結果になる場合が多いそうで、また、ケーブルによる差が大きくでるのがUSBの特徴だそうです。

■ USBアイソレーター
 USBは規格上必ず送り出し側とDACのグランドがつながってしまいます。しっかりグランドをつないだ方が良い結果になる場合もありますが、多くの場合アイソレータを間に入れてグランドを切り離した方が音質が向上します。医療用、産業用、オーディオ用いろいろ製品がありますので、試してみる価値があります。 ただ、USB用にトランスまで別にしているDSP-VelaとそうでないDSP-Doradoとではアイソレータを入れた効果が異なります。他社のUSB DACでも内部でアイソレートが行われているもの、いないものいろいろで効果の出方には差があります。

PCと接続して使う場合:
 ■ PCの設置
 DACの上にPCを直接置くことはおすすめできません。ラックの別の棚に置き、ノイズ防止機能のあるボードや防振機能のあるボードの上にPCを設置してください。PCがトランスポートになっているので、当然といえば当然ですがPCをオーディオ機器として扱うことが大切です。

■ PCの電源
 ノートパソコンであればバッテリー駆動とACアダプタ付きで使う場合で音質に差がでます。どのPCでもバッテリーのほうがいい、ACアダプタのほうがいいというわけではありません。ぜひお試しを。

■ PCの選択
 通常のPCをトランスポートに使う場合でも、できればオーディオ専用に1台PCを用意し、音楽再生ソフト以外のソフトをインストールされずにお使いになることをおすすめします。オーディオ用PCとしてファンがついていない静音PCも販売されています。つなぐディスプレーによっても音に影響します。導入には詳しいショップで相談されることをおすすめします。

■ 再生ソフトの選択
 音楽再生ソフトによって音質が大きく変わります。ただ、音質だけでなく使い勝手や設定の難易に差があります。使いやすさ、音質、安定性から今はWindows用にはJRiverをおすすめしています。

■ PCのチューン
 USB DACの面白さ、また恐ろしさでもあるのが、オーディオ的なセッティングを十分行っても、音質向上はまだまだこれからが本番というところです。PCがトランスポートであることから、ここをチューンすれば当然音質が向上します。そしてPCはユーザーが自由にチューニング可能であり、ある意味トランスポートを自作できる自由度が提供されています。設定や使い方の難しい再生ソフトの選択を含め、カリカリにチューンされたPCで再生する音は、格段の向上が期待できます。
 ただ、「自作」という言葉を使わせていただいたように、スキルが必要で、どなたにでもおすすめするというわけにはいきません。昨日までうまく動作していたものが、ある日OSのアップデートをしたら音飛びしたり、全く動作しなくなってしまう可能性もあります。もとのように動作させるのに何時間もPCと格闘することもあり得ます。それも含めてオーディオの楽しみとされる方、または面倒見の良い詳しいショップと懇意にされている方のみの世界だと思っています。

■ 最後に
 当社のプレーヤーに限って言えばUSB再生よりネットワーク再生の方がいろいろな面でメリットがございます。ネットワークプレーヤーはある意味音楽再生用にカリカリにチューンされたPCを搭載したDACです。PC部分はメーカーにお任せいただき、あくまでオーディオ機器として使いこなしていただけるのがネットワークプレーヤーのメリットです。
 それでもUSBをオプションにしている理由は、例えばプPrimeSeat(プライムシート)のように現状PC無しでは再生できない音源が存在し、そしてその音源がとても魅力的だからです。ネットワークプレーヤー、USB DACそれぞれの良さを生かして使いこなしていただけたらと思います。
 
 
   

Copyright(C) SFORZATO Corp.