Home

About sfz

Products

Download

デモキット

お取り扱い店

お問い合わせ
 DSP-Vela の特徴

■ 究極のネットワークプレーヤー

本体、電源ともに分厚いフロントパネルをもつ堅牢な筺体、弩級の電源部、外部クロック専用など、できることの全てを尽くした究極のネットワークプレーヤーです。演奏が始まる直前の空恐ろしいほどの静寂感、空気感。そしてあくまでも自然な音色と音場表現。何も足さず、何も引かない。音楽を聴くための最高のツールを提供致します。
 

■ D/A変換器

D/A変換器には最新のES9038Proをチャンネルごとに1つずつモノラルで使用。内蔵のジッター除去の使用をやめて、入力信号と完全同期で動作させています。9018Sに比べて約4倍の電流出力を持つ9038Proの性能を余すところなく発揮させるべく、大規模なI-V変換回路で広大な音場と緻密で繊細な音像を再現します。

 
  ■ 徹底したジッター排除

外部クロックの使用を前提に、内部にクロック発振器を持ちません。外部、内部のクロックの干渉を排除し、外部クロックの性能を100%引き出します。クロックの分周や分配にはジッターが100fs(フェムト秒 = ピコ秒のさらに1/1000)以下の特別な専用ICを使用し、D/A変換器などへのクロックは正確にインピーダンスコントロールされた差動信号で伝送。ジッターを徹底的に排除しています。
 
 
 
   ■ 外部クロック

専用の外部クロックとして近傍位相ノイズ-100dBc/Hz @ 1Hzを誇る超高性能OCXOを使った、本格的な10MHzマスタークロック・ジェネレータ PMC-Piccoloを別売で用意。もちろん上位のPMCクロックをお使いいただくことで、より高品位な音をお楽しみいただけます。
 
 
 
  ■ 堅牢な筺体

本体、電源部ともに15mm厚のアルミ削りだしによる堅牢なフロントパネルと3mm厚のアルミ筺体によって不要な振動、外来ノイズを徹底的に抑えています。電源部はさらに3mm厚の非磁性の補強板により底板を強化。強力な電源と相まって、スピード感あふれる豊かな音楽再生に貢献しています。
 
 
 
  ■  大容量電源

電源は別筺体とし、左右独立アナログ回路用電源、左右独立D/A変換器用アナログ電源、デジタル部用電源、CPU部用電源、USB入力用電源(オプション)と合計7個のトランスを内蔵。総容量は450VAを超える大容量。整流には超高速低ノイズなSiCショットキーダイオードを使用しています。
本体内部では、デジタル部分には高性能ローノイズLDO LT1763を使用し、必要な個所の直近でレギュレートするPOL(Point of Load)を徹底しています。また、D/A変換器のアナログ部用3.3V電源は超高速高精度エラーアンプを用いたフィードバック型ディスクリート電源を左右独立に配置。アナログ出力用正負電源にはノン・フィードバックタイプのディスクリート電源を左右独立に配置しています。それぞれの機能に最適な電源を最適な位置に配備しています。
 
 
 
  ■ こだわりの内部配線と出力端子

内部の配線には関口機械販売株式会社様(アコースティックリバイブ)の協力により、楕円単線のPC-tripleC電線を使用しています。極力コネクタを使わない手間のかかる配線方法を用いて、電源と信号の純度を確保しています。出力にはバランスXLR、アンバランス RCAの2系統を用意。どちらもロジウムメッキの高級端子を採用しています。
 
 
 
  ■ 徹底したノイズ対策

基板は両面実装8層基板を採用。表面、裏面を広くグランドプレーンとし、デジタル信号はそのほとんどを内層に配線。強力なシールド効果により、ノイズを極限まで抑えています。ネットワーク通信を司るCPU部やクロック回路などのノイズ発生源にはシールドを施し、さらに非磁性の電磁ノイズ除去シートやファインメットビーズを適所に配し、徹底したノイズ対策を行っています。
 
 
 

■ 対応フォーマット
PCM:
    44.1kHz, 48kHz, 88.2kHz, 96kHz, 176.4kHz, 192kHz, 352.8KHz, 384kHzそれぞれ16/24/32bit (固定・浮動)
    AIFF, WAV, FLAC, Apple Lossless (352.8kHz, 384kHzは非圧縮のみ対応)
DSD:
    2.8MHz, 5.6MHz, 11.2MHz 1bit (dsf, diff)

PCMのみならずDSDもサポート。全てのフォーマットでギャップレス再生に対応します。(フォーマットが異なる曲間にはギャップが入ります)

 

 ■ オプション

機能追加、グレードアップのために以下のオプションを用意しています。

機能追加オプション
オプションU:
USBインターフェース基板を追加することで、USB DAC機能を追加できます。対応フォーマットはPCM, DSDともネットワークプレーヤー機能と同じです。USBインターフェースは国内大手オーディオメーカー多数で採用されているインターフェイス株式会社の製品を使用。互換性や音質は折り紙つきです。PCからのノイズの流入を防ぐためのアイソレーションは完璧で、アナログ部とはもちろん、ネットワーク機能をつかさどるCPU基板ともアイソレートされています。徹底したアイソレーションのため、電源トランスもUSB用に分離。電源部にはUSB用の電源トランスがオプション選択で追加になります。

グレードアップ・オプション
オプションP:
ACインレットは標準でDSP-01で使用しているのと同じJODELICA製 ETP-600CUを使用しています。これを多重層プレーティングを施したETP-600RHに交換するオプションです。

オプションE:
電源部同様、本体の底板に3mm厚の補強板を追加するオプションです。

全てのオプションはご購入後あとから追加も可能です。(メーカーでの作業が必要になります)

 

 
 

■ ソフトウェアアップデート

DST-01, DSP-01/03/05と同様、デジタルデータ制御部は、ARM11による組み込みマイコンとFPGAによって構成されており、LANを通じたソフトウェアアップデートにより、常に最新の機能と性能にアップデート可能です。御購入後も常に進化し続けます。アップデートは本体フロントの2つのボタン操作で行え、PCを使う必要はありません。

 
 
 
   ■ 仕様

出力:      RCA, XLR (2-hot, 3-cold) 各1系統 約2Vrms
入力:      LAN RJ45 1系統、USB typeB 1系統(オプション)
クロック入力: BNC端子50Ω 10MHz
サイズ:     
 本体:     390 (W) x 327 (D) x 82 (H)
 電源:     390 (W) x 398(D) x 106 (H)

価格

(本製品のDLNAライブラリは、株式会社アルファシステムズのalpha Media Link SDKを使用しています。)

 
   

Copyright(C) SFORZATO Corp.