よくある質問

SFORZATOというメーカーについて:

■ SFORZATOはどこの国からの輸入品ですか?
 いえいえ、SFORZATOは日本の製品です。SFORZATO製品は部品の半田付け、組み込み、調整まで東京都日野市で行っている日本製品です。

■ 設計はどこで行っていますか?
 回路設計、基板パターン設計、筐体設計まですべて代表の小俣が行っている自社開発です。ソフトウェアは規格もののDLNA/OpenHomeライブラリは株式会社アルファシステムズの製品を購入していますが、ハードウェア制御や音質にかかわる部分は自社です。

■ 製造はどこで行っていますか?
 筐体フロントパネルの切削、プリント基板作成などは国内メーカーへの外注です。基板への部品実装(半田付け)は表面実装部品については外注(使う半田は指定しています)ですが、抵抗、コンデンサなど手差し部品は東京日野市で自社で行っています。筐体の組み立て、基板の組み込み、調整は自社内で行っており、お客様のお手元にわたる製品は設計者自らが作成調整したものになります。

■ なぜネットワークプレーヤーを作っているのですか?
 会社創立前、個人的に英国製ネットワークプレーヤーを使っていて、オーディオの未来はここにあると感じました。当時はiPadはまだ無くPCからしか操作できませんでしが、その後iPadの出現、使い勝手の向上があってますますその思いを強くし、始めたのがSFORZATOです。

製品について:

■ SFORZATO製品がクロックにこだわるのはなぜですか
デジタルオーディオにとってクロックは命です。
デジタルデータからアナログ信号を作るD/A変換のタイミングはすべてクロックのタイミングで行われ、その質は再生する音の質に直結します。クロックへのこだわりは音質へのこだわりです。

■ クロックを変えると音は変わるのですか?
 これは論より証拠、ご試聴いただくのが一番です。必ずご納得いただけると思います。

ページ上部へ戻る